「Don't put off till tomorrow what you can do today.」
今日出来ることを明日に持ち込むな。
つくばベースボールクラブの活動をここに。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 4000本安打。 | main | 夏休みも残りわずか。 >>
自ら育つ力
 おはようございます。

幾分朝夕の気候が過ごしやすく感じるようになりましたね。
風もすがすがしく、空は高く感じるようになり、
秋はもうすぐそこまで来ているのがわかります。

さて、先日NHKのハートネットTVにて虐待の番組が放送されていました。
番組司会者と虐待をされた、もしくはしてしまった体験者とカウンセラーによる
対話形式で放送されていたものです。

出演者それぞれの体験談に基づいて対談がされていましたが
その中で印象に残ったのが、カウンセラーの方がお話しされた

「こどもの育つ力を信じること」というもの

これはこどもに指導にあたる指導者、教育者としても、
また親としても考えさせられるものでした。

子供はひとりひとり違った個性を持っていますね。
感情を表に素直に出せたり、感情をうまく表現できないが
内に秘めていたり。

指導を各々にあわせて行うことで
一筋縄で教育がうまくいくほど容易なものではありませんが、
前提としてこどもが自身で育つ力を信じることは
こどもの自立を促すためにも大切なことだと思います。

こどもたち自身が自分で物事を決断することや
責任を持って行動を始めることは、自立して生きていくために
必要なステップで、その段階を自分で乗り越えた子どもは
自ら目的を考え、目標をたてて日々行動するようになっていきます。

一生懸命に取り組んでいるこどもに対しては、
つい優しく助けを差し伸べてしまいがちですが
時にこども自身が育とうとしている瞬間は
叱咤直言すること、また黙って我慢することが重要であると思います。




COMMENT









Trackback URL
http://blog.tsukuba-baseballclub.jp/trackback/625
TRACKBACK